当日中に借りる方法

急な入用

財布にお金がない

どうしても今日中にお金が必要になったとき、手元に現金が無ければあなたならどうしますか?
クレジットカードを持っている人ならそんなときでも大丈夫。その足で近所の銀行のカードコーナーかコンビニのATMに駆け込むとキャッシングが出来ますね。
キャッシングもそうですが、こういうのは最初の申請手続きに時間と手間が掛かりますので、既にクレジットカードを持っているならそれを活用するのが一番手っ取り早い方法です。
本当はそういう時に備えてある程度の現金を別の財布にとって置く、所謂ヘソクリをしておくのがいいのですね。今回急に使った分は今度の給料日で自分のヘソクリに返済する、という癖をつけるのがいいでしょう。
まぁそれが出来れば苦労はないのですが。

 

当日手続き

パソコンと女性

振込先となる銀行口座を持っていることが前提ですが、クレジットカードがなくても当日中にお金を借りることは出来ます。
最近CMでもよく見かける消費者金融の利用です。
それでも、初めて使用する場合は審査がありますのでその時間は考慮する必要があります。また振込先から銀行口座への振込可能時間も確認が必要です。
例え24時間利用可能な銀行のATMでも、それは既に口座にある金額内で下ろせるだけで、その口座に消費者金融から振り込み出来る時間は例えば15時までとか限られているはずです。
なので、当日中にお金を借りることが出来ると言っても、朝一番位には申請を始めないと、15時までに自分の口座への振り込みことが出来ない可能性があります。
お昼過ぎに急に現金が入用になっても、当日中に消費者金融に新規に申し込んで現金を手に入れる、ということは難しいでしょう。それは覚えておいてください。
どうしてもお昼過ぎに必要になってその日の内に現金が必要な場合は、親に電話で無心して振り込んでもらうしかありません。その際はオレオレ詐欺に間違われないように気を付けましょう。

 

代表的な消費者金融から銀行口座への、当日振込可能時間
プロミス 平日14:00まで(ネット申込時)
モビット 平日14:50まで
アコム 平日14:00まで(電話申込時)、平日14:30まで(ネット申込時)
ノーローン 平日12:30まで
アイフル 平日14:00まで
これらは既に初期申請が済んでいる場合ですので、初めて利用する場合には申請・審査を事前に済ませておく必要があります。(繰り返しになりますが、朝一申請なら審査時間を考慮しても間に合うでしょう)

 

当日申込・申請・現金入手までの例
消費者金融Pに初めて申し込んで、その日(平日)の内に現金を借りることが出来た人のタイムテーブル例がありますので、ご紹介します。
朝一申請でも現金を手に入れるまで当日中には可能ですが、それでも余り時間に余裕が無いことがお分かりでしょう。

時間 内容
 10:00 ネット申込み、銀行振込依頼
 10:01 申込完了メール
 11:00 在籍確認の電話、メールで本人確認書類の送付
 13:00 契約内容と限度額決定の電話、契約内容事前確認のお願いメール
 13:05 メールに承諾
 13:06 銀行振込完了

 

返済方法

借りたお金は金利を付けて返す訳ですが、クレジットカードの場合は契約している銀行口座から自動引落になります。返済日にちゃんとその分の金額が口座に残っていれば問題ありません。
消費者金融の場合も基本は同じですが、早く返せば金利分も少なくて済んだり消費者金融によっては一定期間金利ゼロというところもあります。(初回限定だったりしますが)
大手の消費者金融は一部の銀行やセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニと契約しています。
これらのATMを活用して、一日でも早く返済するようにしましょう。